BEPRICE

    バーキンの魅力とその歴史|エルメスバーキンを売るタイミング

     

    エルメスバーキンについて

    数あるブランドバッグの中でも群を抜いて高級かつ人気のあるものと言えば、やはりエルメスのバーキンでしょう。その高価さと入手困難さから、欲しくても手に入れられない人も多数。
    そのため、買取業者は常にバーキンの買取を強化しています。

    今回は改めて、エルメスの歴史やバーキンの魅力を探るとともに、バーキン売却の際のタイミングをご紹介をいたします。 

    エルメス その歴史

    エルメスの誕生

    エルメス創始者

    出典:wikipedia

    エルメスの歴史は古く、ナポレオン三世の御用商も務めたといわれる老舗。当初は馬具工房だったことは有名です。

    1837年に馬具職人であったティエリ・エルメスが、パリ・ランパール通りに工房を開いたのが、エルメスの歴史の幕開けでした。

    そして二代目のエミール・シャルルの時代には、パリ万博の馬具部門でグランプリを受賞。その後、本拠地を現在のサントノーレに移転します。

    二十世紀初頭。街から馬車の姿は次第に姿を消し、交通手段は自動車へと移行していきました。この時期、三代目であるエミール・モーリスが着目したのは、女性のライフスタイルの変化。第一次世界大戦を引き金に社会進出に目覚めた女性たちは、スカート丈を短くし、より活動的なファッションをするようになったのです。

    こうした背景をバックにエミールは、鞍を作る腕を生かしてバッグやベルトを製作。時計やアクセサリーの分野にも積極的に進出。1937年には「オムニバスゲームと白い貴婦人」と名付けた第一号スカーフを発表します。のちに「ケリーバッグ」と呼ばれることとなる「サック・ア・クロア」が作られたのも、香水事業がスタートしたのも、この時代のお話。

    1978年にはジャン・ルイ・デュマが就任。食器などのテーブルウェアの分野にも進出し、クリスタルのサン・ルイ社や銀製品のピュイフォルカ、靴のジョン・ロブなどを吸収合併し、着実にエルメスワールドを広げていきました。

    そうそうたるデザイナー

    エルメス箱

    出典:Hermès公式サイト

    エルメスの歴代のメインデザイナーを見ると、その豪華さに驚かされます。

    1997年に就任したのは、あのマルタン・マルジェラ。就任10年前にデビューした彼は、当時「デストロイ(破壊)」の愛称で呼ばれ、「彫刻のように無駄なものを削ぎ落してゆく」と評されていました。

    後任はジャン・ポール・ゴルチエ。自身のブランドで大成功を収めている彼がエルメスのデザイナーに就任したと知り、驚いた人もいるかも知れません。

    ゴルチエの後任はクリストフ・ルメール。サンローランのデザインスタジオで働いた後、ジャン・パトゥやクリスチャン・ラクロワでアシスタントとして経験を積み、

    LACOSTEのアーティスティックディレクターも経験しています。

    そして2015年からは、マルジェラやセリーヌで経験を積んだ、ナデージュ・ヴァネ・シビュルスキーがメインデザイナーを手掛けています。

    これらはウィメンズのデザイナーですが、メンズはヴェロニク・ニシャニアンという女性がデザイナーを務めており、1988年にエルメスのメンズ クリエイティブディレクターに就任後、現在に至るまで30年近く、メンズプレタポルテを率いています。

    バーキンという存在

    バーキンの誕生

    ジェーン・バーキン

    出典:nichearabia.com

    バーキンの誕生は1981年。イギリスの女優、ジェーン・バーキンと、エルメス社長の出会いがきっかけだったことはあまりにも有名です。

    当時のジェーン・バーキンは、Tシャツにデニム、そしてかごバッグというスタイルが定番でした。でも、そのかごバッグには仕切りやポケットはありません。

    ある日、彼女がパリからロンドンへ向かう機内でのこと。短時間のフライトでしたが、隣り合わせた男性と意気投合しました。いつものようにかごバッグを持っていた彼女は、その中にあったエルメスの手帳から、たくさんのメモをばらまいてしまいます。散らばった紙を拾うのを隣の男性に手伝ってもらいながら「どの手帳にもメモが挟みきれないの。バッグもポケットがたりないし」と嘆きました。そこで男性は彼女に提案します。「手帳を大幅に変えるのは難しいけれど、代わりに私のアトリエであなたの理想のバッグを作ってみましょう」と・・・。そう、ジェーン・バーキンの隣に座り、意気投合したその男性とは、ときのエルメス社長、ジャン・ルイ・デュマ氏だったのです。

    デュマ氏は彼女の理想のバッグをさらさらとスケッチし、大切に持ち帰りました。そして「オータクロア」をベースに、たっぷりとした容量で、底が平らで安定感があって丈夫、エレガントなのにカジュアルにも持てる、夢のようなバッグを製作します。

    制作過程に携わった女性たちからもそのバッグの人気は高く、デュマ氏はバーキンさんに「君の名前を付けさせて」と依頼し、彼女はこれを快諾。

    こうして、今や世界で最も入手困難なバッグとも呼ばれる「バーキン」が誕生したのです。

    バーキン その魅力

    バーキン

    出典:1stdibs

    ケリーやボリード、エヴリンなど、数々の名作が並ぶエルメスのバッグ達ですが、中でもバーキンは世の女性達の、いえ、性別を問わず永遠の憧れとも言える存在かもしれません。

    やはりステイタスとしての憧れが強いバッグではありますが、ここまで人気となったのにはそれ以外にも理由があるはず。その秘密を少し探ってみます。

    まずは何と言っても、その佇まいの美しさ。エルメスの最も象徴的な職人技のサドルステッチは洗練されたエッジを描き、どのディテールをとっても惚れ惚れする完成度です。クラシックでありながら少しも古びないデザインは、すべての形に意味がある機能美ゆえ。たっぷりの収納力に負けないよう、底には補強用の皮と、しっかり自立するように底鋲が。腕にかけたとき本体がまっすぐになるよう、背中のハンドルがやや長く作られていたり・・・鑑賞用として飾っておきたいほど美しいバーキンですが、見れば見るほど、あくまで「バッグ」としての美しさなのです。

    前述のとおり、バーキンは「オータクロア」というバッグを原型としていますが、このオータクロアの誕生は、実に1892年!乗馬の鞍を入れるバッグとして、エルメスが初めて一般向けに作ったバッグだったのです。120年以上も前に作られたにも関わらず、今もなお存在し続けているバッグなんて、他にあるでしょうか?

    しかし、この「オータクロア」のままでは、ここまで人気は出なかったかも知れません。女性が持っても違和感のないよう、縦横比率を変更し、クロア(ベルト)を通す煩わしさを回避してくれるL字型の金具、整頓の苦手なジェーン・バーキンのような女性でも使いやすい、何でもポンポン放り込んでしまえる収納力と丈夫さ。エルメスならではの高級感は損なうことなく、カジュアルな装いにもマッチするルックス。成功の象徴とも言われるバーキンですが、やはりこれらの「使いやすさ」「持ちやすさ」も大人気の火種となったのではないでしょうか。

     

    バーキンを売るならいつ?どこで?

    バーキンズ

    出典:frillsandthrills.blog

    お手持ちの高価なブランドバッグ。売るとすればいつがいいのか?悩むのは当然ですよね。ヴィトンのノエやMCMのバッグ、シャネルのバブリーなデザインのイヤリングの買い取り価格がこんなに高騰するなんて、10年前に誰が思い浮かべたでしょう・・・。

    しかしながら、バーキンに関しては話は別。結論から申し上げましょう。バーキンを売るなら「今」です!

    バーキンの価格は登場以来、一度も下がったことがなく、むしろ上昇し続けており、「投資」と捉えて購入する方もいるほどの「手堅い」バッグです。それならば、あと10年20年寝かせてから売った方が良いのでは?とお考えになる方もいらっしゃるかも知れません。もちろんそれもアリです。ですが、いくら手堅い投資バッグといえど、これからもずっと高騰し続ける保証はありません。強いて言うならば、クリスマスやボーナスシーズンの少し前などは頑張ってくれる可能性もありますが、「売ろうかな?」と思った時が売り時と考えて、間違いはないでしょう。逆に、1020年前に売却を見送ったバーキンが大切に保管されてあるのなら、いま査定に出してみると、以前よりお値段が付くかも知れません。

    バーキンはエルメス顧客でも正規購入が難しいほどの入手困難なバッグ。クローゼットで出番を待つバーキンをお持ちなら、それを欲しがっているどなたかに使ってもらってみませんか?

    ビープライスではエルメスのバーキンを高価買取中です!

    買取ならビープライス

    誠実で迅速な買取
    専門知識を持ったバイヤーが
    ご納得いただける価格を提案

    無料査定はコチラから >

     

     

    エルメス売却をご検討されている方は、お気軽にご相談ください。「ご相談」「お問い合わせ」「査定」「キャンセル」 全て無料ですので、安心して弊社にお任せ下さいませ。

    無料査定はこちら

    宅配(着払い)でお送り下さい。
    無料査定いたします。
    査定後のキャンセルも無料!
    返送費も弊社が払うため全て無料です。

    エルメス買取の他の買取知識

    買取方法

    お客様がご都合に合わせて選べる3つの買取方法

    • 宅配買取
      宅配買取

      自宅から宅配便で送るだけ!

      ライフスタイルに合わせて利用できる簡単便利な宅配買取。査定料はもちろん、ダンボール、送料、返送料も完全無料!

      宅配買取について >
    • 店頭買取
      店頭買取

      当日すぐ売りたい方にオススメ

      家の片付けの後や通勤・お出かけのついでにと、思い立ったときに利用できる買取方法。知識豊富なバイヤーが1対1で対応させていただきます。

      店頭買取について >
    • 出張買取
      出張買取

      たくさん売りたい方にオススメ

      バイヤーがご自宅まで伺って査定させていただきます。品物が多い方・家を空けられない方・破損の心配がある方に便利な出張買取。

      出張買取について >

    買取申込

    専門のスタッフが親切・丁寧に対応させていただきます

    今なら商品到着から最短2日でお振込み!

    宅配買取申込送料・宅配キット・キャンセル送料全て無料!

    ご不明点があれば
    お気軽にお問合せください

    0800-123-6090

    営業時間 10:30 ~ 19:00
    定休日 日曜 祝日 第1・3土曜日